Twitter(ツイッター)のリツイート機能とは?役割と使い方

Twitterには「リツイート」という機能があります。
「リツイート」
とはどんな機能でしょうか?

今回はTwitterの「リツイート」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「リツイート」とは

Twitterの「リツイート」とはツイートを再投稿することになります。

Twitterの中で「面白い内容」や「誰かに教えたい内容」のツイートを見つけた時
そのツイートをリツイート(再投稿)すると
自分のフォロワーのタイムラインに表示させて教えることが出来る機能になります。

「RT」と表現されることがあります。

自分がフォローしている人がリツイートすると自分のタイムラインにリツイートした内容が表示されます。

届いたリツイートをさらにリツイートすることも可能です。そうすることで情報が一気に拡散される状態になります。

リツイートのやり方

%e3%83%aa%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88btn

操作はリツイートしたい内容の下の画像のマークを押します。

以下のようなポップアップウィンドウが表示されますので、

%e5%bc%95%e7%94%a8rt

「リツイート」ボタンをクリックします。
すると自分のフォローワーのタイムラインにリツイートした内容が表示されます。

タイムラインにはリツイートした人の名前(○○さんがリツイート)は表示されますが、元の投稿者名とアイコンがそのまま表示されます。

「引用リツイート」もあります

「引用リツイート」はリツイートしたい内容に自分のコメントをつけてリツイートすることです。

「引用リツイート」のやり方

%e5%bc%95%e7%94%a8%e3%83%aa%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88

赤枠にコメントを追加して「リツイートボタン」を押します。
すると自分のコメントがついてリツイートされます。
フォローワーのタイムラインには元の投稿者ではなく引用リツイートした人の名前とアイコンが表示されます。

「引用リツイート」の注意点

引用リツイートは投稿者元に通知がいきますので、コメントには充分注意して書きましょう。

リツイートの取消

リツイートした内容を取り消したい場合、取り消したいリツイートしツイートの「リツイートマーク」をクリックすると取消ができます。

%e3%83%aa%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88btn

まとめ

リツイートには通常の「リツイート」「引用リツイート」の2種類があります。
自分が気に入ったツイートの内容を見つけたら「リツイート」「引用リツイート」することで、自分のフォロワーに紹介することが出来る機能になります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です