Twitter(ツイッター)の「リツイート」とは?役割と使い方

Twitterの「リツイート」機能は、他のユーザーがツイートした内容を自分のフォロワーに紹介することができます。

例えば、面白いツイートを見つけて、フォロワーに「こんな面白いツイート見つけたよ」と紹介したい時などに使えます。

今回はTwitterの「リツイート」についてご紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク

「リツイート」とは

Twitterの「リツイート」とは、ツイートした内容を再投稿するという意味です。「RT」と表現されることがあります。

リツイートすることによって、自分のフォローワーに情報を公開して共有することが出来ます。

リツイートすると、ツイート元のユーザーに通知がいきます。

自分のコメントを付けてリツイートすることもできます。(「引用リツイート」 後述)

リツイートするとフォロワーのタイムラインに表示されて、内容の上部に、「◯◯さんがリツイートしました」と表示されるので、あなたがリツイートしたことがわかります。

リツイートされたツイートをさらにリツイート出来ます。

リツイートされた内容がフォロワーに公開され、フォロワーがさらにリツイートすることによって、情報が一気に拡散する状態になります。

 

「リツイート」のやり方

リツイートはツイートの下のリツイートのアイコンをタップします。

 

ポップアップウィンドウが表示されますので、「リツイート」をタップすると、フォローワーのタイムラインにリツイートした内容が表示されます。

タイムラインにはリツイートした人の名前(○○さんがリツイート)は表示されます。

 

リツイートの取り消し

「リツイート」は取り消すことができます。リツイートしたリツイートアイコンをタップします。

 

「リツイートを取り消す」をタップすると、取り消されます。取り消したリツートは、フォロワーのタイムラインからも削除されます。

 

「引用リツイート」

「引用リツイート」とは、リツイートしたい内容に自分のコメントを付けてリツイートすることです。元のツイートは埋め込まれて、書き換えられることはありません。

リツイートのアイコンをタップします。

 

「コメントを付けてリツイート」をタップします。

 

コメントを入力して、右上のツイートボタンをタップすると、リツイートされます。

リツイートするとツイート元のユーザーに通知がいきます。

 

「リツイート」を非表示にする

自分のタイムラインにもフォローしている人のリツイートが表示されます。

ただフォローしているユーザーのツイートは見たいが、リツイートは見たくない場合もあります。

その場合は、特定のユーザーのリツイートを非表示にすることができます。

ツイートの左のユーザーのアイコンをタップします。

 

プロフィールページが表示されるので、右上の「︙」アイコンから、「リツイートを表示しない」をタップします。

リツイートの非表示を解除したい場合は、同じ手順で「︙」アイコンから「リツイートを表示」をタップします。

 

まとめ

Twitterの「リツイート」の使い方をご紹介しました。リツイートは、ユーザーがツイートした内容を自分のフォロワーに紹介することができる便利な機能です。

リツイートされた内容は、フォロワーのタイムラインに表示され、ツイート元のユーザーに通知がいきます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です