【Twitter】リプライ(返信)とは | 送り方をわかりやすく紹介

Twitterには「リプライ」という機能があります。

リプライは返信という意味で誰かのツイートの内容に対してメッセージを送ることが出来ます。

今回はTwitterのリプライの送り方をご紹介します。

Twitterの「リプライ」とは

Twitterのリプライは英語の「Reply」で「返信」のことです。

Twitter上の誰かのツイートに対してメッセージを送ることができます。

リプライはDMと違ってフォローしているか関係なく誰に対しても送ることが出来ます。

本来の意味は返信ですが単にメッセージを送る場合でもリプライと言います。

「リプ」と略して呼ばれています。

【Twitter】リプライの送り方

Twitterのリプライの送り方を紹介します。

誰かがツイートした内容にリプライを送る場合は、ツイートの左下にある吹き出しマークのリプライのアイコンをタップします。

 

返信先にユーザー名が自動で入ります。

メッセージを入力して「返信」ボタンをタップすると、リプライが送れます。

【Twitter】リプライを受信すると

リプライを受信した側はベルマークの「通知」タブに通知が来ます。

ここをタップするとリプライされたメッセージを見ることが出来ます。

あなたがフォローしているユーザーからリプライされた場合は、通知だけでなくあなたのタイムラインにもリプライの内容が表示されます。

リプライはほかのユーザーにも表示される
  • リプライの内容は「送り手」と「受け手」の両方をフォローしているほかのユーザーのタイムラインにも表示されます。
  • どちらか片方をフォローしている人のタイムラインには表示されません。
  • ただしリプライの内容はは「送り手」や「受け手」のプロフィール画面にアクセスして、誰でも内容を見ることが出来ます。

【Twitter】単にユーザーにリプライを送る

Twitterのリプライはツイートした内容に対してだけでなく、単に相手にメッセージを送ることもできます。

送り方は画面右下のツイートするアイコンをタップします。

 

最初に「@」を入力するとユーザーの一覧が表示されます。

リプライを送りたいユーザーを選択します。

※一覧にない場合は@マークから始まるユーザー名を手動で入力します。

あとはメッセージを入力して「ツイート」ボタンをタップするとリプライが送られます。

単にメッセージを送るリプライは連絡や質問等に使えます。

【Twitter】ほかの人のリプライを読むには

Twitterのリプライは公開されたメッセージなので、誰でも見ることが出来ます。

ツイートの左下の吹き出しのリプライのアイコンに数字が表示されている場合はリプライのあるツイートです。(数字はリプライされた数)

ツイートの左の余白のところをタップします。

 

下にスクロールするとリプライされたメッセージを読むことが出来ます。

まとめ

Twitterのリプライの送り方について紹介しました。

Twitterのリプライはフォローに関係なくメッセージを送ることが出来ます。

ただリプライは公開されたメッセージなので誰でも閲覧することができるとこを覚えておきましょう。

プライベートにメッセージを送りたい場合はDMにしましょう。

【Twitter」のメールマークのDMとは|わかりやすく解説

2017.06.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です