Twitter(ツイッター)のリプライ(返信)機能とは?基本的な使い方

Twitterのリプライ(返信)についてご紹介します。
Twitterのリプライ(返信)機能を使うとツイッター上で会話のやり取りが出来ます。

 

スポンサーリンク

Twitterの「リプライ」とは

Twitterの「リプライ」とは「返信」の意味です。英語の「Reply」のことです。
略語で「リプ」と言われることもあります。

リプライはつぶやきに対しての返信のことですが
ツイッターでは単に相手にメッセージを送ることもリプライと呼びます。(「@で始まるリプライ」後述します)

リプライ(返信)は「送り手」や「受け手」のTwitter画面にアクセスすると内容は誰でも見ることが出来る公開された返信になります。

リプライの送り方

送り方はリプライ(返信)したい記事の左下にあるリプライ(返信)ボタンを押します。
(画面はAndroidです)

 

リプライ(返信)する内容を入力して「返信」ボタンを押すと相手に送信されます。

 

リプライを受信すると

リプライ(返信)された方は「通知」タブにマークが付きます。
ここをクリックするとリプライ(返信)された内容を見ることが出来ます。

あなたがフォローしている人からリプライ(返信)された場合は
通知タブだけでなくあなたのタイムラインにもリプライ(返信)の内容が表示されます。

リプライのやりとりは「送り手」と「受け手」の「両方をフォローしている人」のタイムラインにだけ表示されます。
どちらか片方だけフォローしている人のタイムラインには表示されません。

@で始まるリプライとは

Twitterでは単に相手にメッセージを送ることもリプライと呼びます

方法は通常のツイートする画面で文頭にユーザー名(@○○○)をつけたあとにメッセージを入力します。
(ユーザー名(@○○○)の後ろに半角スペースを付けてください)

「ツイート」ボタンを押すと相手にメッセージが届きます。

@で始まるリプライ(返信)は連絡や質問等に使います。

まとめ

Twitterのリプライ機能についてまとめてみました。

つぶやきに対する返信だけでなく単にメッセージを送ることもリプライと呼ぶ。(@で始まるリプライ)

Twitterのリプライを受けた方は「通知タブ」に表示されます。
(あなたがフォローしている人からのリプライはタイムラインにも表示されます)

リプライのやりとりはリプライの「送り手」と「受け手」両方をフォローしている人のタイムラインだけに表示されます。

リプライは「受け手」や「送り手」のツイッターの画面を見に行けば誰でも見ることが出来る公開された返信になります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です