Twitter(ツイッター)のリプライ(返信)機能とは?基本的な使い方

Twitterには「リプライ」という機能があります。リプライは返信や回答・応答の意味で、Twitterのリプライを使うと、ツイッター上で会話のやり取りが出来るようになります。

今回はTwitterのリプライについてご紹介します。

 


スポンサーリンク

Twitterの「リプライ」とは

Twitterの「リプライ」とは英語の「Reply」で、「返信」の意味です。「リプ」と言われます。

Twitterのリプライは、ツイートした内容にメッセージするリプライと、ユーザーに直接メッセージを送るリプライがあります。(後述します)

 

ツイートした内容にリプライを送る

ツイートした内容にリプを送る方法は、左下にある吹き出しの「リプライ」アイコンをタップします。

 

メッセージを入力して「返信」ボタンをタップすると、相手にリプライされます。

 

リプライを受信すると

リプライを受信すると、「通知」タブに通知が来ます。ここをタップするとリプライされた内容を見ることが出来ます。

あなたがフォローしている人からリプライされた場合は、通知だけでなく、あなたのタイムラインにもリプライの内容が表示されます。

リプライのやり取りは「送り手」と「受け手」の両方をフォローしている人のタイムラインに表示されます。どちらか片方をフォローしている人のタイムラインには表示されません。

ただしリプライは「送り手」や「受け手」のプロフィール画面にアクセスして、誰でも内容を見ることが出来ます。

 

単にユーザーにリプライを送る

Twitterでは単に相手にメッセージを送ることもリプライと呼びます。送り方は画面右下の羽のアイコンをタップします。

 

最初に「@」を入力すると、自分がフォローしているユーザーの一覧が表示されるので、リプライを送りたいユーザーを選択します。

フォローしているユーザー以外にリプを送る場合は、@マークから始まるユーザー名を入力します。

あとはメッセージを入力して、「ツイート」ボタンをタップするとリプが送られます。

単にメッセージを送るリプは連絡や質問等に使います。

 

リプライを読むには

Twitterのリプライは公開されたメッセージなので、誰でも見ることが出来ます。

ツイートの左下の吹き出しのリプライのアイコンに数字が表示されています。この数字はリプライの数です。

リプを読むにはツイートの左の余白をタップします。

 

「返信をさらに表示」をタップすると、リプライの内容が表示されます。

 

まとめ

Twitterのリプライ機能についてまとめてみました。

つぶやきに対する返信だけでなく単にメッセージを送ることもリプライと呼びます。(@で始まるリプライ)

Twitterのリプライを受けた方は「通知タブ」に表示されます。

あなたがフォローしている人からのリプライはタイムラインにも表示されます

リプライのやりとりはリプライの「送り手」と「受け手」両方をフォローしている人のタイムラインだけに表示されます。

リプライは「受け手」や「送り手」のプロフィール画面を見に行けば、誰でも見ることが出来ます。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です