Twitter(ツイッター)の「リスト」とは?ユーザーをグループ化して整理できる

Twitterの「リスト」は、フォローするユーザーをジャンルごとに分けて整理することが出来ます。

フォローするユーザーをリストに保存すると、通常のタイムラインとは別に、「リスト」のタイムラインを表示することができます。

今回はTwitterの「リスト」をご紹介します。

 


スポンサーリンク

ツイッターの「リスト」とは

ツイッターの「リスト」は、ユーザーをジャンルやカテゴリーごとに分けてタイムラインに表示することができます。(例えば「News」「ペット」「IT」「スポーツ」「子育て」「音楽」など)

「リスト」のタイムラインは、追加したユーザーのツイートのみ表示されます。(通常のタイムラインはそのまま表示されます)

「リスト」は自分で作るだけでなく、他のユーザーが作成したリストを、そのまま自分のリストに追加することも出来ます。

 

「リスト」の追加方法

リストの作成

「リスト」にユーザーを追加するには、まずリストを作成します。ホーム画面左上の自分のアイコンから「リスト」をタップします。

 

画面下のリスト作成のアイコンをタップします。

 

新しく作成する「リスト名」「説明」を入力します。今回は「アプリ」という名前の「リスト」を作成しました。

「非公開」を選択すると、自分以外は作成したリストを見ることは出来ません。右上の「保存」をタップして完了です。

※友人や知人などのリストを作って個人情報がわかってしまう場合や、見られたくない場合は「非公開」を選択しましょう(後から変更可)

 

リストにユーザーを追加する方法

「リスト」にユーザーを追加します。追加したいユーザーのプロフィール画面を表示させます。右上の3点マークから「リストに追加」をタップします。

「リスト」に追加するユーザーはフォローしていなくても構いません。

 

リストをタップするとユーザーが追加されます。(複数選択可)

 

リストにユーザーを追加するときの注意点

ユーザーを「リスト」に追加した時に、ユーザーに通知がいく仕組みになっています。リスト名も表示されますので、無難なリストの名前をつけて登録したほうがいいかと思います。

非公開のリストへ追加の場合は通知はいきません。

 

リストの表示

作成した「リスト」を表示するには、ホーム画面の自分のアイコンから「リスト」をタップします。

 

「リスト」をタップすると、追加したユーザーのツイートが表示されます。ユーザータブからリストに追加したユーザーが表示されます。

 

リストからメンバーを削除

リストからメンバーを削除したい場合は、リストを表示させて、右上の3点マークのメニューから「リストを編集」をタップします。

※リストそのものを削除したい場合は「リストを削除」をタップします。

 

「メンバーを管理」をタップします。

 

メンバー名の「×」をタップすると削除できます。

 

他のユーザーが作成したリストを保存

他のユーザーが作成した「リスト」を、そのまま自分の「リスト」に追加することもできます。

ユーザーのホーム画面から右上の3点マークから「リストを表示」をタップします。

 

「リスト」をタップします。

 

リストのタイムラインが表示されます。右上の3点マークから、「フォローする」をタップすると、自分の「リスト」に追加されます。

 

まとめ

Twitterの「リスト」は通常のTwitterとは別に、趣味や仕事用のサブのTwitterとして利用することが出来ます。

他のユーザーが作成したリストを、そのまま自分の「リスト」に保存することもできて便利です。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です