Twitter(ツイッター)の「リスト機能」とは?ユーザーをグループ化して整理する方法

ツイッターでフォローする人が増えるとタイムラインにフォローした人のツイートがどんどん流れて大事なツイートも見逃してしまうことがあるかと思います
画面を下にスクロールすれば見れますが手間ですよね。

そこで今回はツイッター「リスト」機能を使ってツイートしている人をグループごとに分けて整理する方法をご紹介します

スポンサーリンク

ツイッターの「リスト」機能とは

ツイッターの「リスト」機能はツイートしている人をジャンルやカテゴリーごとにグループ化することです
(例えば「News」「ペット」「IT」「スポーツ」「子育て」「音楽」など)

「作成したリストのタイムラインには追加したユーザーのツイートのみ表示できます」
(通常のタイムラインはそのまま表示されますので安心してください)

そして「リスト」は自分で作るだけでなく他の人が作成したリストをそのまま自分のリストに追加することも出来ます

リストの作り方

リストの登録

リストの作り方は右上の自分のアイコンをクリックします
その中に「リスト」というメニューがありますので選択します

 

左の「新しいリストを作成」ボタンをクリックします
「リスト名」「説明」欄に作成したいリストの名前と説明を入力します
プライバシーの欄では
「公開」「非公開」を選択できます
「非公開」を選択すると自分以外は作成したリストを見ることは出来ません
「リストを保存」をクリックします
今回は「犬」という名前のリストを作成しました

※友人や知人などのリストを作って個人情報がわかってしまう場合や見られたくない場合は「非公開」を選択しましょう(後から編集可)

リストにユーザーを追加する方法

作成したリストにユーザーを追加するには
ユーザーを検索して表示されたユーザーの「三点マーク」から
「リストへ追加または削除…」をクリックします
(追加するユーザーはフォローしていなくても構いません)

 

追加したいリスト名のチェックボックスにチェックをいれます(複数選択可)
あとは画面以外のところをクリックすれば追加されます
以上でユーザーをリストに追加しました

 

それ以外にユーザーのホーム画面からも追加することが出来ます
右上の「フォローする」の右の「三点マーク」をクリックして「リストへ追加または削除…」を選択します

リストにユーザーを追加するときの注意点

※ここで注意点ですがユーザーをリストに追加した時に通知が自動でユーザーに知らせる仕組みになっています
今回では「せるさんがリストに追加しました」とユーザーに通知がいきます(非公開のリストへ追加の場合は通知はいきません)
リスト名もわかりますので当たり障りのないリストの名前をつけて登録したほうがいいかと思います

作成したリストのタイムラインの表示方法

作成したリストのタイムラインを表示するには
ホーム画面の右上のアイコンから「リスト」をクリックすると作成したリストの一覧がありますので表示させたいリストをクリックします

 

「リストに追加したユーザーのツイートのみリストのタイムラインに表示されます」
他に
①「リストに登録されているユーザー」の表示
②「リストを保存しているユーザー」を表示
などが出来ます

他のユーザーが作成したリストを保存

他のユーザーが作成したリストをそのまま自分のリストに追加することもできます
ユーザーのホーム画面から「リスト」タブをクリックすると作成したリストの一覧が表示されますのでクリックします(リストを作成していない場合や非公開で作成している場合は表示されません)

 

左の「保存する」をクリックするとユーザーのリストをそのまま自分のリストに保存することが出来ます
ほかに「リストに追加されているユーザー」をクリックするとリストのユーザーを表示できます

まとめ

フォローするユーザーが増えたらリストを作成してユーザーをグループ化してツイートをチェックしてもいいですし、仕事や趣味などのリストを作成して専用のタイムラインを作るのもいいかもしれません

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です