Twitter(ツイッター)のお気に入りツイートを保存する「ブックマーク」とは?




最近Twitterにお気に入りのツイートを保存して、あとで読む「ブックマーク」機能が新しく追加されました。

同じような機能で、ツイートを保存する💖マークの「いいね!」がありますが、最近はフォローワーのタイムラインに「◯◯さんがいいねしました」と表示されて、気軽に「いいね!」を押せなくなった方もいるでしょう。

今回、新しく追加された「ブックマーク」は、お気に入りのツイートをブックマークしても相手に通知が届きません。ブックマークしたツイートは非公開で自分以外見ることが出来ません。「ブックマーク」は完全に個人用のメモとして利用できます。

現在(2018年2月)「ブックマーク」はAndroidアプリでは広く利用できていますが、iPhoneアプリでは少しずつ利用できているようです。現在利用できない方はしばらく待ちましょう。(^^)

今回は新しく追加されたTwitterの「ブックマーク」機能をご紹介します。

スポンサーリンク

ツイートを「ブックマーク」する

ツイートをブックマークする方法は、ユーザーのツイートの右下の共有アイコンをタップして「ブックマークに追加」を選択します。以上でブックマークに追加されました。

※ツイートをブックマークしても相手に通知はいきません。

 

「ブックマーク」したツイートを見るには

ブックマークに保存したツイートを見るのは、左上の自分のアイコンをタップして「ブックマーク」を選択します。ブックマークに追加した新しい順に表示されます。

 

「ブックマーク」したツイートの削除

ブックマークに追加したツイートを削除したい場合は、ブックマークしたツイートの右下の共有アイコンをタップして「ツイートをブックマークから削除」を選択します。

 

「ブックマーク」したツイートをすべて削除

ブックマークに追加したすべてのツイートを削除したい場合はブックマーク画面の右上の3点マークから「すべてのツイート…」をタップすると削除されます。

 

まとめ

Twitterの「ブックマーク」の使い方をご紹介しました。ブックマークしても相手に通知が届きませんし、保存したツイートは非公開で自分以外見ることはできません。完全な個人用のメモとして利用できます。

ハートマークの「いいね!」もツイートの保存として利用できますが、相手に通知が届きますし、フォロワーのタイムラインにも「◯◯さんがいいねしました」と表示されますので、利用方法が異なります。Twitterのハートマーク(いいね)の役割と使い方