屋外の日差しでスマホ画面が暗くて見えない時の対処方[Android]

屋外の日差しのもとでは、スマホ画面が暗くて見えにくくなります。暗い場所に移動して画面を明るくする方法もありますが、やっぱりすぐに見たいですよね。

スマホには「明るさの自動調整」という機能がありますので、こちらを設定すると解決します。ほかにも明るさを調整してくれる便利な専用アプリもあります。

今回は屋外などで、スマホの画面が暗くて見えない場合の対処法をご紹介します。

 


スポンサーリンク

スマホの「明るさの自動調整」とは

スマホの「明るさの自動調整」は、スマホのセンサーが周りの明るさを感知して、自動で明るさを調整してくれるというもの。周りが明るいと画面を明るくして、周りが暗いと画面を暗くしてくれます。

「明るさの自動調整」をONにすると、屋外の日差しのもとでも最適な明るさに調整してくれます。

 

「明るさの自動調整」の設定方法

「明るさの自動調整」は、設定アプリから設定できます。設定アプリをタップして設定画面を表示します。

 

「マイデバイス」タブの「ディスプレイ」をタップします。(※画像はGalaxy S4の画面です。機種により表示が異なります)

 

「明るさ」をタップします。

 

「明るさの自動調整」にチェックを入れます。以上で設定完了です。

 

ステータスバーからも設定できます

スマホ画面を上から下にスワイプして、ステータスバーを表示させます。明るさのレベル調整バーの「自動」にチェックを入れれば、「明るさの自動調整」がONになります。(※機種により表示が異なります)

 

専用アプリでさらに便利に

明るさタッチ - ワンタッチ画面輝度変更ツール
明るさタッチ – ワンタッチ画面輝度変更ツール
開発元:STUDIO IMIM
posted withアプリーチ

専用アプリをインストールすれば、簡単に明るさを調整することが出来て便利です。

アプリはいろいろありますが、今回はアプリのアイコンをタップするだけで、明るさを変更してくれる無料アプリ「明るさタッチ – ワンタッチ画面輝度変更ツール」をご紹介します。

 

調整したい明るさの種類にチェックを入れて、ゲージの明るさを調整します。「設定を保存」をタップして完了です。

 

アプリのアイコンをタップするたびに、調整した明るさに変更してくれます。再度設定したい場合は、ダブルタップしてください。

 

まとめ

スマホの「明るさの自動調整」をご紹介しました。屋外の日差しのもとでは、「明るさの自動調整」をONにすれば、画面が見えにくいということもありません。

専用アプリもありますので、屋外でよくスマホを見る方は便利かと思います。