電子手帳アプリ「Lifebear」(ライフベア)の使い方・入門

「Lifebear」(ライフベア)はスケジュール管理だけでなく、ToDoリストやノート、日記などを管理できる多機能な電子手帳アプリです。

共有機能にも対応していて、ウェブサイトの料理レシピや地図、乗り換え案内などの情報を「Lifebear」に保存することもできます。

今回は電子手帳アプリ「Lifebear」の使い方をご紹介します。

 


スポンサーリンク

「Lifebear」とは

Lifebearはネット上にデータを保存するWebアプリで、アカウントを作ればスマホだけでなく、パソコンなどからもアクセスして編集することができます。

可愛いスタンプも豊富でカレンダーに貼ってスケジュールをとても見やすくすることが出来ます。

毎週や隔週など繰り返しあるスケジュールも簡単に登録できます。

 

Lifebear カレンダーとToDoと日記の人気手帳
Lifebear カレンダーとToDoと日記の人気手帳
開発元:Lifebear inc.
無料
posted with アプリーチ

「Lifebear」の初期設定

LIfebearの初期設定でアカウントを作成します。

「初めての方」をタップ

 

「つくる」をタップします。

 

「メールアドレス」「パスワード」を入力します。

 

Googleカレンダーのスケジュールを表示することが出来ます。

後から変更も出来ますので、今回は「表示しない」を選択します。

 

スケジュールの登録方法

登録する日付の選択

スケジュールを登録したい日付を選択して右下の「+マーク」をタップします。

※画面下の「月」「週」「日」の表示の切り替えができます。

 

予定の登録

スケジュールを登録します。

  • 一番上に予定のタイトルを入れます。
  • 「終日」をOFFにすると時間を設定出来ます。
  • 「カレンダー」はスケジュールを表示するときの「色」をつけて見やすくします。(後述)
  • 「場所」を登録するとGoogleマップなど地図アプリで場所を表示することが出来ます。
  • 「通知」は指定した時間にプッシュ通知で通知することが出来ます。
  • 「コメント」を追加することも出来ます。
  • 「テンプレートから登録」はよく登録する予定をあらかじめ作っておきワンタップで登録出来ます。

右上の「保存」をタップすると登録完了です。

 

「Myカレンダー」とは

「Myカレンダー」はスケジュールに色をつけて見やすくすることができます。

「行動作成」画面の「カレンダー」から「スタンプ未分類」をタップします。

カレンダーのタイトルを入力して色を選択します。

右上の「保存」をタップします。

 

予定に色がついて表示されました。

予定をタップしてスケジュールの編集が出来ます。

 

予定をプッシュ通知で教えてくれる「通知」設定

せっかく予定を登録しても忘れてしまったら仕方ありません。

通知設定は指定した時間に「プッシュ通知」通知してくれます。

「行動作成」の画面から「通知」の「未設定」をタップします。

通知設定画面で通知してほしい日付と時間を登録します。

最後に右上の「完了」をタップして完了です。

※通知設定は複数追加できます。大事なスケージュールがある場合は登録するといいでしょう。

 

「プッシュ通知」が表示されるのでスケジュールの見逃しがありません。

 

「着せかえ」でデザインを変更

「Lifebear」はオシャレでかわいいデザインが豊富です。

左下の「三」マークから「設定」で「着せかえ」を選択します。

 

 

「オリジナル」か「シンプル」から選べます。

 

まとめ

スマホ手帳アプリ「Lifbear」の初期設定と基本的な操作方法を説明しました。

最初から全部を覚えようとせず、さわりながら少しづつ慣れていくといいでしょう。

タスク管理や繰り返しスケジュールの登録はこちらを参考にしてください。

スマホの人気手帳アプリ「Lifebear」の機能(タスク・繰り返し登録など)






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です