GoogleドライブのPC版アプリ「バックアップと同期」のインストールと使い方

Googleの「バックアップと同期」はGoogleドライブのPC版アプリです。

「バックアップと同期」をインストールすれば、パソコンのGoogleドライブ用のフォルダにデータを保存するだけで、クラウド上のGoogleドライブに同期(同じ状態に保存)されます。

クラウド上のGoogleドライブを意識することなくデータを保存でき便利です。

Googleドライブの基本的な知識はこちらの記事を参考にしてください。Googleドライブって何?Googleドライブの基本[入門編]

今回はGoogleドライブのデスクトップアプリ「バックアップと同期」のインストール方法と使い方をご紹介します。

「バックアップと同期」のインストール

Google ドライブをダウンロードサイトから「パーソナル」の「ダウンロード」をクリックします。

 

利用規約を確認して「同意してダウンロード」をクリック。

 

インストール

ダウンロードされた実行ファイルをクリック。

 

「実行」をクリックして「バックアアップと同期」をインストールします。

 

インストールが終わると、上の画面が表示されるので「使ってみる」をクリック。

 

セットアップ

Googleアカウントでログイン

Googleアカウントのメールアドレスを入力して「次へ」をクリック。

 

パスワードを入力して「ログイン」をクリック。

 

バックアップするフォルダの選択

「OK」をクリック。

 

「マイパソコン」では「Googleドライブ」フォルダ以外に、Googleドライブにアップロード・同期するフォルダ(ドキュメント・パソコン・画像)を追加できます。

後から変更できますので、特になければチェックをはずします。

「フォルダの選択」からは任意にフォルダを指定することも出来ます。こちらも後から設定できます。

「OK」をクリックします。

 

Googleドライブフォルダ(マイドライブ)の設定

「OK」をクリック。

 

同期される「Googleドライブフォルダ」は、標準でCドライブのUserフォルダ内に作成されます。

場所を変更したい場合は「変更」をクリックします。(セットアップ後は変更できないので注意してください。)

「Googleドライブフォルダ」内の一部のフォルダをアップロード・同期したい場合は「これらのフォルダのみを同期」を選択してください。

「開始」をクリックするとセットアップ完了です。(「Googleドライブ」フォルダが開きます)

Googleドライブの容量

Googleドライブに保存できる容量は15Gですが、GメールとGoogleフォトの共有になるため、Googleドライブのみ15Gというわけではありません。

写真や動画をGoogleドライブに保存すると容量を消費しますが、「Googleフォト」では無制限で保存できます。

写真や動画を保存する場合は「Googleフォト」を利用するといいでしょう。

「Googleフォト」の利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

「Google フォトって何?」グーグルフォトの使い方(スマホの写真を保存する)

ほかにも「Googleドキュメント」や「スプレッドシート」などGoogleのオフィスファイルの保存はGoogleドライブの容量を消費しません。

 

「バックアップと同期」の使い方

デスクトップに「Googleドライブ」フォルダが出来ています。

「Googleドライブ」フォルダにデータを保存するだけで、自動でクラウド上のGoogleドライブにアップロード・同期してくれます。

画面下のタスクバーに雲マークの「Googleドライブ」のアイコンが表示されています。

左から「Googleドライブ」フォルダ、「Googleドライブ」、「Googleフォト」、「設定」になります。各アイコンをクリックすると、クラウド上のデータに表示することが出来ます。

 

アップロード・同期するフォルダの追加・変更

Googleドライブにアップロード・同期するフォルダを追加・変更したい場合は、「3点マーク」アイコンから「設定」から変更できます。

 

まとめ

Googleの「バックアップと同期」は、クラウド上のGoogleドライブを意識することなく楽にデータを保存できます。

Googleドライブをよく利用する方には便利なツールになります。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です