【ポケットWi-Fi】速度制限なしの完全容量無制限のモバイルWi-Fiおすすめ2選!

速度無制限 ポケットWi-Fi

ポケットWi-FIで映画などの動画を長時間見ると通信容量をオーバーして速度制限になることがあります。

これは使い放題のポケットWi-Fiでも「1日3GB」または「3日で10GB」までの容量制限があるためです。

最近では「1日3GB」または「3日で10GB」の容量制限がない完全に容量無制限のポケットWi-Fiも出てきました。

今回は速度制限がない完全に容量無制限のポケットWi-Fiを紹介します。

よくばりWi-Fi | コスパ最強のポケットWi-Fi!

速度制限なし ポケットwifi よくばりwifi

よくばりWi-Fiは2年間のコスパ最強の一番おすすめのポケットWi-Fiです。

よくばりWi-Fi
プラン24ヶ月プラン1ヶ月プラン
月額料金3,450円4,880円
端末(レンタル)U2sU2s
速度下り150Mbps(最大) 上り50Mbps(最大)
回線ソフトバンクの4G / LTE回線
初期費用3,800円
契約期間2年(自動更新) 1ヶ月(自動更新)
容量無制限(1日3GBや3日で10GBの制限もなし)
海外利用可(手続き不要)
支払いクレジットカード
保証オプション380円/月
発送即日発送(無料)

よくばりWi-Fiは2年契約の「24ヶ月プラン」と1ヶ月契約の「1ヶ月プラン」があります。

1ヶ月お試しで利用したい方にもおすすめです。※「1ヶ月プラン」は「24ヶ月プラン」より割高になります。

1ヶ月プランが終わったら24ヶ月プランに契約変更することも可能です。契約変更する場合は、別途契約事務手数料が3,800円かかることに注意。

端末の「U2s」はソフトバンクの4G/LTE回線で、下り150Mbps(最大)下り50Mbps(最大)になります。12時間の連続使用可能で最大5台まで接続可能です。

「U2s」はWiMAXの端末より速度が遅いですが、これはあくまで理論値で実際の速度はほとんど変わりません。口コミでも速度が早く満足している口コミが多いですね。電波の届く範囲はWiMAXよりよくばりWi-Fiの方が広いです。

 

端末の発送は平日13時まで、土日11時までの申し込みで当日発送されます。(日祝発送はお休み)※送料は無料です。

よくばりWi-Fiはキャンペーンも実施しています。

  • 2ヶ月月額料金無料
  • NTTカードに入会すると12ヶ月毎月500円(合計6,000円)がキャッシュバックされます。
2ヶ月間月額料金無料ですが、端末保証(380円/月)の加入が条件になります。

海外でもそのまま使える!
よくばりWi-FiはクラウドSIMを採用しており、海外113カ国でもそのまま利用できます。※別料金で1,250円/1日または1,850円/1日が発生します。

支払いはクレジットカードのみになります。(「VISA」「MASTERCARD」「JCB」「American Express」「Diners」)

よくばりWi-Fiの端末はレンタルなので解約後は返却します。端末一式(端末+USBケーブル)を解約月の翌月5日以内の返却します。(消印有効ではないので5日までに指定先に到着している必要があります。)

期限までに返却しない場合は18,000円の料金が発生するので注意してください。

解約の違約金
解約は申請した月の翌月末が解約月になります。0ヶ月〜12ヶ月は18,000円、13ヶ月目〜24ヶ月目は12,000円、25ヶ月目0円、26ヶ月目以降9,500円の違約金が発生します(24ヶ月プラン)。

どんなときもWi-Fi | CMで人気知名度No1!

速度制限なし ポケットwifi どんなときもwifi

どんなときもWi-FiはテレビCMでも宣伝している知名度No1ののポケットWi-Fiです。

どんなときもWi-Fi
月額料金3,480円
端末D1
速度下り150Mbps(最大) 上り50Mbps(最大)
回線ソフトバンク au ドコモの4G/LTE回線
初期費用3,000円
契約期間2年契約 ※自動更新
容量無制限(1日3GBや3日で10GBの制限もなし)
海外利用可 ※手続き不要
支払いクレジットカードと口座振替
保証オプション400円/月
発送即日発送(送料無料)

どんなときもWi-Fiはマルチキャリアに対応しています。マルチキャリアはソフトバンク、ドコモ、auの回線の中で一番最適なキャリアの回線を自動選択して通信する技術です。

どんなときもWi-Fiの端末「D1」は下り150Mbps(最大)下り50Mbps(最大)になります。12時間の連続使用可能で最大5台まで接続可能です。

端末の発送は平日13時まで、土日は11時までの申し込みで当日発送されます。(日祝発送はお休み)※送料は無料です。

3年目から月額料金が500円アップして3,980円になります。そのため2年で一旦解約したほうがいいでしょう。ここがどんなときもWi-Fiのちょっと微妙なところですね。

支払い方法は口座振替にも対応していますが、その場合は月額料金(3,480円)にプラス500円と口座振替手数料に200円/月がかかるのでクレジットカードを利用したほうがいいでしょう。
どんなときもWi-Fiの端末もレンタルなので解約後は返却します。端末一式(端末+USBケーブル)を解約月の翌月5日以内の返却します。(消印有効ではないので5日までに指定先に到着している必要があります。)

期限までに返却しない場合は18,000円の料金が発生するので注意してください。

解約の違約金
解約は申請した月の翌月末が解約月になります。0ヶ月〜12ヶ月は19,000円、13ヶ月目〜24ヶ月目は14,000円、25ヶ月目0円、26ヶ月目以降9,500円の違約金が発生します(24ヶ月プラン)。

「よくばりWi-Fi」「どんなときもWi-Fi」のメリットとデメリット

では次に「よくばりWi-Fi」「どんなときもWi-Fi」のメリットとデメリットを紹介します。

「よくばりWiFi」「どんなときWiFi」のメリット

「よくばりWiFi」「どんなときWiFi」のメリット
  • 「1日3GB」や「3日10GB」の容量制限がない
  • 月額料金が安い
  • ゲームなど大きいデータのダウンロードもOK
  • 海外でもそのまま使える
  • 固定回線の代わりでも使える
  • スマホの安いプランに変更することもできる
やはり「1日3GB」や「3日で10GB」の通信容量の制限がないところでしょう。

映画やスポーツなどの動画を長時間視聴しても速度制限がかかりません。ほかにもゲームやアプリなど大きいデータも容量を気にせずダウンロードできますね。

あと料金の安さです。月額4,500円ぐらいで無制限で使えるとは他社のWiFiに比べても安いのも特徴です。

「よくばりWi-Fi」「どんなときもWi-Fi」はクラウドSIMに対応しているため海外でも手続きなしでそのまま利用できます。海外旅行をよくする方にも便利です。

自宅に固定回線を引くと手続きや工事など面倒です。ポケットWi-Fiだと即日発送で手軽にインターネットを始められます。

スマホと一緒に持ち歩くことで、スマホを安いプランに変更して節約することもできます。

「よくばりWiFi」「どんなときもWiFi」のデメリット

「よくばりWiFi」「どんなときWiFi」のデメリット
  • 2年契約の縛りがある
  • 違約金が高い
  • 端末はレンタルなので返却する必要がある
デメリットは2年契約の縛りがあるところでしょう。最近は契約期間のない違約金無料のポケットWi-Fi(速度制限はあります)も増えています。

解約した時の違約金も高いです。1年未満で解約した場合は2万円近く料金が発生します。

サイトも見たりYoutubeを観る程度の方は契約期間のない縛りなしWi-Fiをおすすめします。

【モバイルWi-FI】 半年ぐらい使いたいけどどこがいい?月単位で契約できるおすすめ2選!

2019.10.22

「よくばりWi-Fi」「どんなときもWi-Fi」のどちらとも端末はレンタルです。そのため解約後はルーター一式を返却する必要があります。

まとめ

「1日3GB」や「3日で10GB」など容量の制限がない完全容量無制限の「よくばりWi-Fi」「どんなときもWi-Fi」を紹介しました。

映画やスポーツなど容量を気にせず視聴したい方はおすすめのポケットWi-Fiになります。

どちらも選んでもいいですが、いまのところは「よくばりWi-Fi」がちょっとだけオススメですね。