アマゾン高評価の「ワイヤレスマウス Qtuo 2.4G」を使ってみた

使っていた有線のマウスが壊れたので、Amazonで高評価が多く、ベストセラー1位の「ワイヤレスマウス Qtuo 2.4G」を購入したみました。価格も1000円(2018/8/14 時点)という安さです。

今回は「ワイヤレスマウス Qtuo2.4G」をご紹介します。


スポンサーリンク

「ワイヤレスマウス Qtuo2.4G」はどんなマウス?

本体のマウスとレシーバー、マニュアルが入っています。※レシーバーはマウスの下に差し込んでます。単三電池1本は別途購入する必要があります。

「ワイヤレスマウス Qtuo2.4G」は、「2.4GHzワイヤレス接続」のマウスです。(GHz(ギガヘルツ)は周波数)

「2.4GHzワイヤレス接続」のマウスは、付属している小型レシーバーをパソコンのUSBポートに差し込むだけですぐに使えるようになります。Bluetooth機能が搭載していないパソコンでも利用できます。

 

「2.4GHzワイヤレス接続」以外に「Bluetooth接続」のマウスがあります
「Bluetooth接続」は、Bluetoothという規格の接続方法です。接続するパソコンにBluetooth機能が搭載している必要があります。USBに挿すレシーバーが不要になります。ペアリングの接続設定が必要になります。

 

「ワイヤレスマウス Qtuo2.4G」は、成人の手にすっぽりと入る大きさです。大きくも小さくもない調度良い大きさです。

親指を置く場所はゴム製のグリップになっており、握りやすくなっています。

パソコンを閉じたりレシーバーを外すと、マウスも自動停止して節電モードに入ります。

8分間マウスを操作しないと、節電のためスリープモードになります。いずれかのボタンを押すと復帰します。

1本の単三電池で最大15ケ月使用できます。Windows、Max、Linuxに対応しています。色はブラック、レット、ピンクの3色あります。(形が異なります)

 

「進む」・「戻る」ボタン

親指の上の方に、「戻る」ボタンと「進む」ボタンがあります。ボタンを押すだけで、画面を戻ったりできるので便利です。

 

「CPI」ボタンでマウスの感度を調節

「CPI」ボタンを押すたびに、マウスの感度がよくなります。ボタンだけでカーソルの動きを調整することができて便利です。

「Qtuo 2.4G マウス」は、800→1200→1600→2000→2400の5段階の「CPI」を調整ができます。

「CPI」ボタンを押すと、ランプが点灯して現在の「CPI」の値を教えてくれます。例)3回点灯すると「1600cpi」になります。

 

「CPI」とは
「CPI」とは、「count per inch」の略で、マススの移動に対するカーソルの移動距離のことです。「CPI」の値が大きいほどカーソルの移動距離が大きくなります。

 

フィルムを剥がすと滑りが良くなる

わかりづらいですが、ウラ面には4すみのゴム足のようなところにフィルムが貼ってあります。このフィルムを剥がすとマウスの滑りが良くなります。爪でカリカリすると簡単に剥がれます。

 

まとめ

「ワイヤレスマウス Qtuo2.4G」をご紹介しました。

今回初めてワイヤレスマウスを購入しました。

ワイヤレスマウスは快適ですね。ケーブルがないだけで開放感があります。

ワイヤレスのマウスの購入を検討している方は、「Qtuo 2.4 ワイヤレスマウス」は入門機としてもいいでしょう。