【エックスサーバー】WordPressを高速化する「Xアクセラレータ」機能の設定方法

エックスサーバーは、Webサイトを高速表示する「Xアクセラレータ」(エックスアクセラレータ)機能が提供されました。(2018年9月11日)

「Xアクセラレータ」機能は、Webサイトの高速化と同時アクセス数を最大10倍まで処理することができます。

Webサイトの表示速度は重要で、サイトの表示が遅いと、Googleからの評価も下がりSEOにも影響します。

今回は、エックスサーバーの「Xアクセラレータ」機能の設定方法をご紹介します。

 

「Xアクセラレーター」の設定方法

サーバーパネルから「高速化」の「Xアクセラレータ」をクリックします。

 

「Xアクセラレータ」を設定するドメインを選択します。

 

推奨設定の「ON「静的ファイル(推奨)」を選択して、「設定変更(確認)」をクリックします。

 

「設定変更(確定)」をクリックします。

 

「Xアクセラレータ設定を「ON[静的ファイル]」に変更しました。」と表示されます。

以上で「Xアクセラレータ」の設定が完了です。

 

サイトの速度を計測してみました

サイトの表示速度を、GTmetrixで計測してみました。

上の画像は「Xアクセラレータ」設定前の数値です。

サイトの速度は、画面左下の「PageSpeed Scores」の値を見ていきます。

「PageSpeed Score」は、Googleの速度計測サービスの評価です。

「YSlow Score」は、Yahoo!の速度計測サービスの評価です。

これらの評価(%)が高いほど、表示速度が早いサイトになります。

 

「Xアクセラレータ」設定後の値です。

両方とも評価(%)が上がっています。

体感的にも早くなった気がします。

 

注意点

「Xアクセラレーター」は、新サーバーのみ設定できます。

契約しているサーバーの新旧が分からない場合は、インフォパネルから「各種申し込み」の「新サーバー簡単移行」ボタンをクリックします。

新サーバーの場合は、「対象のサーバーアカウントはありません。」と表示されます。

旧サーバーの場合は、「新サーバー簡単移行 ご利用手順」に従って新サーバーに移行してください。

最近エックスサーバーに契約した方は、ほぼ新サーバーです。

 

もうひとつ、会員制サイトやショッピングサイト等の場合は注意が必要です。

訪問者ごとに表示内容が異なるようなページ(会員制サイトやショッピングサイト)等では、当機能による高速化や負荷軽減の効果が出づらい場合があります。

ウェブサーバー上に、特定のユーザーや特定の環境のみに公開を制限しているコンテンツデータ等がある場合、本来広く公開されていないはずのデータがリバースプロキシ上にキャッシュされ、意図しないユーザーがそれらのデータへアクセス可能となってしまうことがありますので、ご注意ください。

例:.htaccessを用いて、特定のIPアドレスからのアクセスを拒否する
.htaccessを用いて、ブラウザごとに表示するコンテンツの振り分けを行う 等。

出典元:Xアクセラレータ(エックスアクセラレータ) | レンタルサーバー【エックスサーバー】 

 

まとめ

エックスサーバーの「Xアクセラレータ」機能は、サーバー側でデータをキャッシュ(一時保存)するため、アクセスが来ても、すぐにデータを送れるので高速化するという仕組みです。

サーバーの負荷も少なくなるため、同時アクセスの処理能力も高くなります。

設定も数分で出来るので、この機会に設定しておきましょう。

エックスサーバーには、ブラウザ側にデータをキャッシュして高速化する「ブラウザキャシュ設定」もあります。こちらも設定するといいでしょう。

【エックスサーバー】WordPressを高速化する「ブラウザキャッシュ設定」の提供開始