Twitter(ツイッター)のハッシュタグ(#記号)とは?使い方と役割

「Twitterでハッシュタグをつけてつぶやいてください」と言われることがあります。
ではTwitterの「ハッシュタグ」とはなんでしょうか。

今回はTwitterで使う「ハッシュタグ」の意味とその使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

Twitterのハッシュタグ(#記号)とは

Twitterの「ハッシュタグ」とは半角記号の「#」(シャープ)のことです。
例として
#ラーメン #東京スカイツリー #かわいい犬
などハッシュタグの後ろに単語をつけてタグを付けることになります。

ツイートにハッシュタグを付けることによって、他の人がハッシュタグで検索すると
そのツイートが表示される仕組みになります。

ハッシュタグをつけてツイートする

ハッシュタグをつけたツイートは
ハッシュタグをツイートの本文に入れるだけです。

ハッシュタグはツイートのどこに入れても構いません。

単語をつけたハッシュタグの「前後」」は必ずスペースキーを入れてください。

ハッシュタグにはスペースや句読点をつけることは出来ません。(正常に機能しなくなります。)

ハッシュタグで検索する

Twitterの検索枠にハッシュタグで検索すると
ハッシュタグをつけたツイートが時系列で表示されます。

上の例では「#ドラクエ11」で検索しました。

「ドラクエ11」について他の人がどの様につぶやいているかわかります。

「話題のツイート」「最新」などのタブを切り替えて表示も出来ます。

一つの話題で多くの人の情報を共有できます。

ハッシュタグを使う時の注意点

1 内容と関係ないハッシュタグはつけない。

2 ハッシュタグは多くても2〜3個ぐらい。(推奨)

まとめ


ハッシュタグはツイートを検索しやすくするためのタグをつけることになります。

イベントの際など共通のハッシュタグ(#XXXイベント)などを決めてツイートすると
参加者同士で情報を共有して楽しめます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です