【Twitterアプリ】データ通信量を節約して、動画も自動再生されない設定方法

Twitter公式アプリは、データ通信量を節約できる「データセーブ」機能を追加しました。

「データセーブ」機能は、画像を低画質で読み込み、動画は自動再生されないため、データ通信量を節約します。

「データセーブ」機能はiOSとAndoroidの両方で利用できます。

Twitterアプリを最新版にアップデートしてください。


スポンサーリンク

「データセーブ」機能の設定

画面左上の自分のアイコンをタップして、メニューを表示します。(画面はAndroidですが、iOSもほとんど同じです)

 

メニューから「設定とプライバシー」をタップします。

 

「データ利用の設定」をタップします。

 

「データセーブ」にチェックを入れます。

以上で設定が完了しました。

 

画像を高画質で見たい場合は

「データセーブ」機能は、画像を低画質で読み込みます。

もし高画質で見たい場合は、画像を表示してから右上の「︙」アイコンをタップします。

 

「高画質で読み込む」をタップすると、高画質で表示されます。

 

まとめ

Twitterのデータ通信量を節約できる「データセーブ」機能を紹介しました。

画質は低画質で読み込みますが、違いがわからないぐらい綺麗です。

タイムラインの動画が自動再生されないのも、煩わしくなくていいですね。

Twitterのデータ通信量を節約したい方は設定するといいでしょう。