Twitter(ツイッター)のミュート機能とは?使い方入門

Twitter(ツイッター)「ミュート」フォローを解除したりブロックすることなしに
タイムラインに指定した人のツイートを非表示する機能になります。

ブロックと違ってミュートしても相手に知られることはありません。
ミュートしたアカウントのプッシュ通知やショートメール通知も届かなくなります。

ではTwitter(ツイッター)ミュートはどのような使い方があるのでしょうか?

今回はTwitter(ツイッター)ミュート機能をご紹介します

スポンサーリンク

アカウントをミュートすると

フォローしているアカウントをミュートすると

フォローしているアカウントをミュートすると
そのアカウントのツイートは自分のタイムラインに表示されなくなります。

ミュートしたアカウントはツイートだけでなく
「リプライ(返信)」や「リツイート」、「引用リツイート」、「@ツイート(メンション)」も
タイムラインに表示されなくなります。

[注意」タイムラインに表示されないだけで「通知タブ」には通常どうり通知されます。

ミュートする以前のツイートはタイムラインに残ります。
ミュートしても相手に知られることはありません。

フォローしていないアカウントのミュートすると

フォローしていないアカウントをミュートすると
そのアカウントからの「リプライ(返信)」や「@ツイート(メンション)」、「リツイート」
「引用リツイート」、「いいね」なども「通知タブ」に通知されません。

ミュートしても相手に知られることはありません。

 

ミュートの設定

ツイートからのミュート

ツイートからのミュートの設定はツイートの右上のⅤアイコンをタップして
「@xxxさんをミュート」を選択します。(@xxxはミュートするユーザー名)

※上の画面はアンドロイドですがアイホンでもほとんど同じです。

プロフィールからのミュート

アカウントのプロフィールページからもミュート設定出来ます。
右上の三点マークをタップして「ミュート」を選択します。

ミュートの解除

左上の自分のアイコンをタップして「設定とプライバシー」を選択します。

 

「ミュートしているアカウント」を選択して
「ミュートアイコン」をタップして解除します。

※ミュートしたアカウントのプロフィールページからも解除できます。

 

まとめ

フォローしているアカウントのミュート
フォロー関係はそのままでツイートをタイムラインから非表示する機能になります。
ミュートしても相手に気づかれることがありません。

ミュートした相手のリプライ(返信)DM(ダイレクトメッセージ)@ツイート(メンション)などは通常どうり「通知タブ」に表示されます。

フォローの解除やブロックまではいかないまでも
ちょっと距離を置きたい人がいるときに便利です。

フォローしていないアカウントのミュートの場合は不快なリプライ(返信)を送ってくる人に対して相手に気づかれることなくブロックすることが出来るので利用しやすいかと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です