特定のユーザーのツイートを非表示にできる「ミュート」機能とは[Twitter]

Twitter(ツイッター)の「ミュート」機能は、ユーザーのツイートやリツイートを、フォローの解除やブロックすることなく、タイムラインから非表示にすることができます。

一時的にツイートを非表示できる機能なので、比較的に利用しやすいです。

今回はTwitter(ツイッター)の「ミュート」機能をご紹介します。


スポンサーリンク

Twitterの「ミュート」とは

Twitterの「ミュート」とは、ユーザーのツイートやリツイートをタイムラインから非表示することができます。

ミュートしても相手に知られることがありません。フォローが解除されることもありません。

ミュートしたユーザーからリプライ、@ツイートは、通常どうり通知されます。

ミュートしたユーザーのダイレクトメッセージは届きます。

フォローしていないユーザーをミュートすることが出来ます。その場合は、ミュートしたユーザーからのリプライや@ツイートは通知されません。

ミュートしたユーザーからのプッシュ通知やショートメールは届かなくなります。

 

ユーザーをミュートする

ツイートから「ミュート」する

ツイートからミュートするには、ツイート右上の「Ⅴ」アイコンから、「@xxxさんをミュート」をタップするとミュートされます。

 

プロフィールから「ミュート」

ユーザーのプロフィールからもミュートできます。ミュートしたいユーザー画面右上の三点マークから「ミュート」をタップします。

 

「ミュート」の解除方法

ミュートを解除したい場合は、左上の自分のアイコンから「設定とプライバシー」をタップします。

 

「ミュートしているアカウント」をタップすると、ミュートしているユーザー一覧が表示されます。ミュートのアイコンをタップすると解除されます。

※ユーザーのプロフィールからもミュートを解除できます。

 

まとめ

Twitterのミュートは、フォローの解除やブロックすることなく、ツイートを非表示することが出来ます。ユーザーに知られることなくミュート出来るので、利用しやすいかと思います。

フォローの解除やブロックまではいかないまでも、ちょっと距離を置きたいユーザーがいるときに便利です。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です