NHKのワールドカップのライブ・見逃し配信が全試合見れるアプリ紹介

14日に開幕した2018年FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会。NHKがアプリ「NHK 2018 FIFA ワールドカップ」(無料)を提供しました。

NHKの地上波で放送する32試合ライブ配信の視聴や、全64試合も「見逃し配信」で視聴できます。

試合日程やチーム情報・選手プロフィール・ハイライト映像など、ワールドカップを楽しむ情報が満載です。さらにゴールシーンを様々な角度のカメラから視聴することが出来ます。

今回はNHKの公式アプリ「NHK 2018 FIFA ワールドカップ」をご紹介します。


スポンサーリンク

ホーム画面

ホームでは、「本日の対戦」や「見逃し配信」、「ハイライト動画」、「記者会見」、「ゴールシーンの動画」など視聴することができます。

お気に入り

お気に入りの国を設定すると、試合日程や関連動画など視聴することができます。

他にも画面上のタブより、選手のプロフィールやチームデータをチェックできます。チームデータは今大会の「ボール支配率」や「パス成功率」・「シュートの枠内の数」など詳細な情報をチェック出来ます。

 

日程

日程では、各グループの試合日程をチェックできます。国のアイコンをタップすると、その国の試合日程をチェックできます。

右上の「一次リーグ」の箇所をタップすると、「決勝トーナメント」や「スタジアム別」の日程を表示できます。

動画

動画では、「ハイライト動画」や「見逃し配信」、「開催都市情報」、「国のプロフィール」の動画を視聴できます。

 

テキスト実況

ライブ・見逃し配信の「テキスト実況」では、テキストをタップすると、そのプレーから動画が再生します。画面をタップして、10秒前や10秒後に動画をスキップできます。他にも上のタブより、メンバーやチームデータなどチェックできます。

 

ハイライトシーンを別カメラで視聴できる

テキスト実況の「別カメラ」では、同じシーンを様々な視点のカメラで連続して視聴できます。

 

16mの高さ(左)のカメラから見た視点

 

6mの高さ(左)からのカメラの視点

他にも「ワイヤーカメラ」や「低位置ゴールカメラ」・「ゴール裏カメラ」など、全部で12の視点のカメラから、大事なシーンを連続して見ることが出来ます。

 

マルチアングル

ライブ・見逃し配信の「マルチアングル」では「戦術カメラ」や「ワイヤーカメラ」、「4分割カメラ」など、カメラを切り替えて選手のプレイを視聴することが出来ます。

 

メニュー

メニューではチームや選手、グループ順位、開催都市情報などチェックできます。上の図の「データ」では、得点の多い選手を表示しています。

メニューの「設定」では、指定した国の試合開始時の通知設定ができます。お気に入り国の試合の見逃しを防げます。

 

まとめ

「NHK 2018 FIFAワールドカップ」をご紹介しました。

「テキスト実況」では、ワンタップで見たいプレイを再生できたり、ゴールなど重要なシーンは、「別カメラ」で様々な角度のカメラから連続して視聴することが出来ます。ワールドカップをより楽しむことが出来る優秀なアプリです。

どの画面からでも国や選手の画像をタップすると、詳細な情報を表示できるのも分かりやすいですね。

パソコンの大きな画面で見たい場合は、2018 FIFA ワールドカップ|NHKスポーツオンラインのサイトからも視聴できます。