売れ筋モバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」を使ってみた

出典:Amazon

「Anker PowerCore Fusion5000」は、モバイルバッテリーとACアダプターが一体化したツーインワンの人気モバイルバッテリーです。

スマホを始め、タブレット端末、GPS搭載機器、ゲーム機やその他USB接続機器を急速充電することができます。

Amazonの「モバイルバッテリー売れ筋ランキング」では1位を獲得しています。

今回は、Anker(アンカー)の人気モバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion5000」をご紹介します。

「Anker PowerCore Fusion5000」レビュー

モバイルバッテリー本体、バッテリーを入れるポーチ、マイクロUSBケーブル、取扱説明書が入っています。18ケ月保証なので安心です。(注文番号が保証書代わりになります。)

 

 

モバイルバッテリーと2ポートのUSB急速充電器が1つになったモバイルバッテリーです。折りたたみ式のACプラグを直接コンセントに挿して充電します。

 

 

出典:Amazon

本体のバッテリーを充電しつつ、スマホへの充電も可能です。その場合は、先にスマホが充電がされてからバッテリー本体の充電が開始されます。

 

 

モバイルバッテリーの電池の容量は5000mAh(ミリアンペアアワー)です。スマホが搭載するバッテリーの容量は3000mAh(ミリアンペアアワー)程度なので、スマホ1回分をフル充電できる容量になります。

本体のボタンを押すと、モバイルバッテリーの残量を青ランプでチェックできます。

手のひらサイズの大きさで、持ち運びもストレスになりません。

mAh(ミリアンペアアワー)とは
mAh(ミリアンペアアワーとは、バッテリーの電池の容量のことです。この数値が大きいと、スマホを充電できる回数が増えます。ただし実際に充電できる電力の総容量は、電池の総容量の6割程度になります。バッテリーの容量が大きいとそれだけバッテリーが大きく重くなります。1日1回のスマホを充電する程度の使用ならば、5000mAhで十分です。

 

2つのUSB充電端子と、マイクロUSB端子が1つになります。2つのスマホを同時に充電することができます。

USB充電端子が2つあるので同時に2つのスマホやタブレットなどに充電できるので便利です。

充電はAnker(アンカー)独自技術の「PowerIQ」と「VoltageBoost」によりフルスピード充電が可能です。

 

まとめ

モバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion5000」を紹介しました。

本体のACプラグを直接コンセントに挿して充電できるのが特徴です。

本体を充電するケーブルがないだけですが、かなりの快適度です。あと荷物は少しでも少ないほうがいいですものね。

モバイルバッテリーとスマホを同時充電できるで、モバイルバッテリーの充電忘れも防げます。