スマホの人気手帳アプリ「Lifebear」の機能(タスク・繰り返し登録など)

前回の続きで、人気の電子手帳アプリ「Lifebear」の便利な機能をご紹介していきます。

前回の記事を読まれていない方はこちらから↓

電子手帳アプリ「Lifebear」(ライフベア)の使い方・入門
「Lifebear」(ライフベア)はスケジュール管理だけでなく、ToDoリストやノート、日記などを管理できる多機能な電子手帳アプリです。共有機能にも対応していて、ウェブサ...

 


スポンサーリンク

「タスクの登録」とは

「タスク」とはやらなければいけない仕事のことです。

「タスク」は予定とはっきりとした違いはありませので、自分の基準で使い分けるといいです。

タスク登録は「タグ」や「締め切り日」を登録出来ます。

登録すると予定にチェックボックスが付きます。

 

「繰り返し登録」とは

「繰り返し登録」とは毎週や毎月など定期的にある予定を登録することです。

一度設定するとすべての予定日が自動登録されて便利です。

 

カレンダーの日付を指定して「繰り返し」タブから各項目を登録します。

今回は「毎月第1月曜日の会議」を登録したいと思います。

「頻度」から繰り返しの間隔を指定出来ます。

「頻度」→「毎月」→「実行」の順にタップします。

 

「曜日」から「第1月曜日」を選択します。

左上の「戻る」をタップします。

右上の「保存」をタップして完了です。

以上で「毎月第1月曜日の会議」の予定が登録出来ました。

カレンダーの毎月第1月曜日のすべてに「会議」の予定が表示されます。

 

スタンプでカレンダーを華やかにする

Lifebearは「スタンプ」を貼ってカレンダーを見やすくすることが出来ます。

右下の「⊕」マークを2回タップするとスタンプが表示されます。

スタンプをドラッグして日付のところで離します。そのまま予定も登録できます。

 

「Lifebear」にサイトの情報を保存する

「Lifebear」は共有機能にも対応していてウェブサイトの情報をLifebearの「予定」や「ノート」に保存することが出来ます。

他のアプリを開かなくてもLifebearの「予定」や「ノート」からワンタップで情報を表示することが出来て便利です。

保存方法

今回は例としてサイト「Yahoo!路線情報」の乗り換え案内を「Lifebear」に保存したいと思います。(ブラウザはChromeの例です)

保存したい乗り換え案内画面の右上の「三点マーク」から「共有」をタップして「Lifebear」を選択します。

 

「Lifebear」の、どの種類に保存するか選べます。今回は予定に登録したいので、「予定を作成」を選択しました。

「タイトル」が自動入力されて、「コメント」欄にサイトのURLが貼り付けられました。(ここをタップすると路線情報が表示されます)

「電車の乗り換え案内」以外にも「地図情報」や「料理レシピ」など保存しても便利です。

 

「マニュアル」もついてます

「Lifebear」にはマニュアルがついてますので、使い方がわからない場合は見てみるといいでしょう。 他にも便利な裏ワザもあります。

 

まとめ

人気電子手帳アプリ「Lifebear」の基本的な操作方法をご紹介しました。

「Lifebear」は「予定」以外に「タスク」、「ノート」、「日記」の機能があり、共有機能にも対応している万能型手帳アプリです。

「着せ替え」のテーマもオシャレなものがそろっています。

メモ帳アプリならこのアプリがいいね!Google Keep(グーグルキープ)の使い方






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です