【iPhone】日本語入力の仕方|便利な機能も紹介

iPhoneの日本語入力は、入力の基本と便利な機能をマスターすると早く入力できるようになります。

普段、なにげなく文字入力している方も知らなかった便利な機能があるかもしれません。

今回はiPhoneの日本語入力の方法と便利な機能を紹介します。

iPhoneの日本語入力①トグル入力

初期設定のiPhoneの日本語入力は「トグル入力」になっています。

「トグル入力」はガラケーと同じ入力方法で、同じボタンを押すごとに次の文字が現れる打ち方です。

例えば「あ」のキーを押すごとに「あ」→「い」→「う」→「え」→「お」→小文字の「ぁ」→「ぃ」→「ぅ」→…の順に表示されます。

 

英語や数字を入力する場合は、切り替えボタンをタップするごとに変わります。

 

 

ただし「トグル入力」は、連続した文字入力がスムーズにできません。

例えば「 ああ 」と入力したい場合、「あ」を入力して、次の「あ」を打とうとすると「い」が表示されてしまします。

これは先ほど説明したように、同じボタンを押すごとに次の文字が現れるためです。

その場合は文字が確定されるまで、ちょっと待たないといけません、、

もちろんこの入力方法でもいいのですが、慣れればさらに早く入力できる便利な入力方法があります。

 

iPhoneの日本語入力②「フリック入力」

iPhoneの「フリック入力」はスマホに適した入力方法で、慣れればトグル入力よりも早く入力できます。

「フリック入力」の設定

「フリック入力」をするには設定アプリで設定します。

まず設定アプリを開いて「一般」をタップします。

 

「キーボード」から「フリックのみ」をオンにします。

以上で「フリック入力」の設定完了です。

 

フリック入力の日本語入力

フリック入力はキーを長めにタップすると、上下左右に候補の文字が表示されます。

たとえば「あ」のキーを長めにタップすると、上下左右に「い」「う」「え」「お」が表示されます。

そのまま入力したい文字に指を移動(フリック)すると、入力したい文字が入力されます。

指をタッチして払うだけなので、慣れると高速に入力することができます。

 

iPhoneの日本語入力の便利な機能

英語キーボードに切り替え

英語の文字を入力したい場合は、左下の地球アイコンをタップすると、英語キーボードに切り替わります。

再度、地球のアイコンをタップすると日本語入力に戻ります。

 

「カーソル」を移動して文字修正

文字の修正や削除したい場合は、変更したい箇所をタップして「カーソル」を移動します。

 

さらに長押しすると拡大表示してカーソルを移動させることもできます。

 

3Dタッチ機能でカーソル移動

先程紹介したカーソルの移動でもいいですが、なかなか指が指定した箇所に移動しない場合もあります。

その場合は「3Dタッチ」機能を使ったカーソル移動がいいでしょう。

「3Dタッチ」はぐっと強めに指をキーボードを押し込みます。

するとキーボードが上のように変化します。

 

そのまま指を動かすと、上下左右にカーソルを移動できます。

※「3Dタッチ」機能はiPhone6s以降の機種に対応しています。

範囲を選択することもできる

3Dタッチは範囲を選択することもできます。

3Dタッチでカーソルを移動して、そのままキーボードをさらに押し込むと範囲を選択することができます。

指定した範囲を一括で削除することができます。

 

キーボードを切り替えずに数字の入力

iPhoneには便利な数字の入力方法があります。

よく英語などのパスワードやアドレスなど入力している途中で数字を入力したい場合があります。

その場合は左下の「 123 」のキーの長押しからそのまま指を上に移動します。

数字のキーボードが表示されるので、入力したい数字の上で指を離すします。

数字が入力されて英語のキーボードに戻ります。

数字のキーボードに切り替えずに、数字が入力できるので便利です。

 

日付の入力方法

日付を入力したい場合は、例えば「1210」と入力すると、「12月10日」が候補が表示されます。

あとは候補の中の日付をタップすれば日付が入力されます。

ほかにも「12時10分」などの時間でもOKです。

 

ほかにも「きょう」と入力するだけで、今日の日付が候補で表示されます。

 

「ユーザ辞書」に登録する

住所やメールアドレスなど毎回入力するのはたいへんですよね。

その場合はあらかじめ「ユーザ辞書」に登録しておけばすぐに入力できて便利です。

設定アプリから「一般」をタップします。

 

「キーボード」から「ユーザー辞書」をタップします。

右上の「+」アイコンをタップして、登録する単語とよみを入力します。

入力後は右上の「保存」をタップして完了です。

 

では早速登録されたか確認してみましょう。

「メール」と入力すると先程登録したメールアドレスが候補で表示されました。

 

「シャッフル」して元に戻す

文章の編集中に誤って削除してしまった場合、スマホをシャッフルします。

ポップアップが表示されるので、「取り消す」をタップします。

 

削除した文字が元に戻ります。

 

「キーボード」を寄せる

片手打ちがしやすいようにキーボードを左右に寄せることができます。

左下の地球アイコンを長押しでメニューを表示します。

寄せたいキーボードのアイコンをタップします。

 

キーボードを右寄せにしました。

左の「 < 」アイコンをタップすると戻ります。

 

まとめ

iPhoneの文字入力の基本と便利な機能を紹介しました。

iPhoneの文字入力は少しでも楽にストレスなく入力したいものです。

カーソルの移動は3Dタッチでの移動が便利です。