スマホの文字入力なら「google日本語入力」が便利!設定と使い方(Android編)

地名や流行語・有名人の名前などを入力する時に変換がスムーズに出来ないことはないでしょうか?スマホの入力はストレスなくスピーディにしたいものです。

スマホ版アプリ「Google日本語入力」は文字入力を便利にする無料の日本語入力アプリです。

「Google日本語入力」のおもな特徴は

  • 入力した単語の変換の精度が高い(最新用語やネット用語の語彙が豊富)
  • 文字入力が正確でなくても予測して候補を表示してくれる(もしかして変換)
  • メールアドレスや住所などよく利用する語句を登録しておくことで早く入力できる
  • キーボードの高さなどのカスタマイズができる

 

今回はスマホの文字入力を便利にする「Google日本語入力」の設定と使い方をご紹介します。

Google 日本語入力
Google 日本語入力
開発元:Google LLC
無料
posted with アプリーチ
スポンサーリンク

「Google日本語入力」の登録

初期設定

「Google日本語入力」をインストールすると初期設定の画面が表示します。画面の指示どうり各項目で「Google日本語入力」を選択すると完了します。

 

フリック入力設定

初期状態ではキー入力が「ケータイ+フリック入力」になっています。これは「ああ」や「かか」など同じ文字を連続で入力するときは面倒なので変更します。

「キーボード レイアウト」→「12 キーレイアウトの入力スタイル→「フリック入力」を選択します。(フリック入力がやりづらい方は「ケータイ打ち」も選択できます。)

 

アルファベットの入力設定

英語のアルファベット入力は「QWERTYモード」をオンにするとPCと同じキーボードのレイアウトで入力できて分かりやすいです。

 

アルファベットのキーボードは軽くタップすると英語が入力されてちょっと長押しすると右上の数字または記号が入力されます。

 

「Google日本語入力」の便利な機能

編集中から設定の変更

文字入力画面からGoogle日本語入力の設定の変更ができます。

左下の「あa」のボタンを長押しして離すとメニューが表示さるので「Google日本語入力設定」をタップします。

もとのIME(入力システム)に戻したい場合は「入力方法」を選択します。

 

もしかして変換

文字を打ち間違えても予測して変換してくれます。上の画面の例では「はひおん」と入力していますが、本来入力したい「パピヨン」が候補に表示されました。

 

よく入力する単語を辞書ツールに登録

よく入力する単語(メールアドレスや住所など)をあらかじめ登録しておくと便利です。

「辞書ツール」から右上の「⊕」マークをタップして新しい単語を追加します。今回は「単語」にメールアドレス(○○○@gmail.com)を入れました。「よみ」はアドレスにしました。

 

「あどれす」と入力すると先ほど登録したアドレス(○○@gmail.com)が候補に表示されます。他にも住所などよく入力する単語などを登録してると入力が楽になります。

 

キーボードの高さの調整

キーボードの高さを変更して文字を打つキーを大きくすることが出来ます。「キーボードのレイアウト」→「キーボードの高さ」でゲージを変更します。

ほかにも「片手モード」からキーの片手打ち用にキーボードの変更ができます。

 

上の画面はキーボードを高く調整しました。

 

キャリア絵文字に対応

キャリア絵文字にも対応しています。メールで絵文字を使う人は便利です。

 

まとめ

スマホアプリ「Google日本語入力」の設定と使い方をご紹介しました。

他にもキーボードのテーマ(デザイン)の変更できたり色々カスタマイズできます。やはり「Google日本語入力」の一番の特徴は語句の変換機能の優秀さかと思います。

さすがGoogle製だけあって語彙が豊富で最近流行りの言葉なども候補に表示されて文字入力にストレスがありません。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です