「DropBox」(ドロップボックス) とは?|アプリ「DropBox」の登録方法

dropbox_1156px_1202629_easyicon-net

「DropBox(ドロップボックス)」は、インターネット上にデータを保存できるオンラインストレージサービスです。

どんな場所いてもどの端末でもネットにつながっていれば、DropBoxにアクセスして、データを閲覧したり、ダウンロードすることが出来ます。

大事なデータをDropBoxに保存しておけば、もしスマホが故障や紛失してもデータは守られます。

今回は無料版DropBox(ドロップボック)の登録方法をご紹介します。

 

Dropbox
Dropbox
開発元:Dropbox
無料
posted with アプリーチ

 


スポンサーリンク

「DropBox」ドロップボックスとは

computer_cloud_system

DropBoxはオンラインストレージサービスです。

オンラインストレージサービスとはインターネット上に自分のデータを保存できるサービスです。(上のイラストがイメージ)

オンラインストレージにデータを保存しておけば、パソコンやスマホなどが壊れても、大切なデータはインターネット上に保存されていますので安心です。

パソコンやスマホなど、どの端末からでもDropBoxにアクセスしてデータを閲覧したりダウンロードすることが出来ます。

無料版DropBoxの保存できる容量は「2Gバイト」です。

 

「DropBox」のメリット

バックアップ

DropBoxにデータを保存することによって、スマホを紛失したり壊れてもDropBoxにデータは保存されていますので大事なデータは守られます。

データの移動

USBメモリなどでデータを移したり、メールを使ってデータを送ったりしなくても、ネットにつながっていれば、どの端末(パソコンやタブレット)でもDropBoxにアクセスしてデータを閲覧したりダウンロードすることができます。

同期

パソコンの場合DropBoxフォルダの中のファイルを編集するとオンラインストレージのDropBoxのファイルも同時に変更されます。どちらの内容も常に同じ状態に保たれます。これを「同期を取る」といいます。

※スマホアプリDropBoxの場合は、アプリの中のファイルはクラウド上のDropBoxの内容を表示しています。

データの共有

DropBoxのファイルやフォルダを他のユーザーと共有することが出来ます。共有したデータを同時に編集することもできます。

共有方法は、ファイルやフォルダを選択して、相手のメールアドレスを入力します。

共有したファイルやフォルダに権限を付与して、編集か閲覧のみの選択ができます。

ファイルやフォルダのリンク(URL)を送ってファイルを見たり、ダウンロードすることも出来ます。

バージョン履歴機能

ファイルを誤って削除したり、上書き保存しても前の状態に戻すことが出来ます。無料版DropBoxは30日間までさかのぼって復元することができます。

 

DropBoxの登録

DropBoxの登録をしていきましょう。DropBoxの登録はスマホとパソコンの2つで登録することになります。基本は画面の指示どうりすれば設定できます。

 

ts_20161209_162455

スマホのアプリDropBoxを開いて、「登録」をタップ。(既存ユーザの場合はログインで完了です)

 

touroku

「名前」と「メールアドレス」・「パスワード」を入力して「アカウントを作成」をタップします。

 

ts_20161213_135454

インターネットにつながったパソコンを起動させてから、「続行」をタップ

 

access

画面上のアドレス「www.dropbox.com/connect」をパソコンのブラウザに入力してサイトを表示させてから「次へ」をタップ

 

pc_qr

パソコンに上の画像が表示されて、スマホがカメラモードになります。スマホのカメラを画像にに向けて読み取ります。画像を読み取るとパソコンの画面が変わります。

 

pc_install

パソコンに上の画像が表示されて、DropBoxがインストールされます。以上で登録完了です。

 

「カメラアップロード」の設定について

ts_20161204_170347

スマホで撮影した写真をDoropBoxへ自動でアップロードする設定です。ここは「キャンセル」をタップします。(後から設定を変更出来ます。)

 

ts_20161206_171751

設定を変更する場合は、左上の三本マークをタップして「歯車マーク」の設定ボタンをタップします。

 

up_off

「カメラアップロードをオフにする」をタップすると自動アップロードがオフになります。

 

カメラアップロード機能について

カメラアップロード機能をONにすると、撮影した写真や動画は、DropBoxに自動アップロードされます。

写真や動画を頻繁に撮る方はすぐDropBoxの容量がすぐ一杯になってしまいます。無料版DropBoxの容量は「2G」までですので。

写真を保存する場合は、写真版オンラインストレージGoogleフォトを利用すると便利です。

Googleフォトは写真を基本無制限に保存できます。 「googleフォトって何?」グーグルフォトの使い方(スマホの写真を保存する) 

 

まとめ

DropBoxはクラウド上にデータを保存できるサービスになります。大事なデータはDrop Boxに保存してけば、万一スマホが故障や紛失した場合でも安心です。

自動で同期(スマホのデータと同じ状態に保存)したり、データを他のユーザーと共有することができます。

次回はDropBoxの基本的な使い方をご紹介したいと思います。スマホアプリDropBox(ドロップボックス)の使い方 [Andoroid編]






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です